ED治療薬には様々な種類がありますが、その中には成分が同一なのに名前だけが違うものがあります。それはジェネリック医薬品と呼ばれるもので、特許の関係などで名前が違うだけで成分が同じで価格が安いのが特徴です。バイアグラとカマグラは同一の成分が含まれているので、どちらを選んでもほぼ同じ効果を体感できます。

  • ホーム
  • なぜ勃起するのでしょうか?

なぜ勃起するのでしょうか?

陰茎が勃起する主な原因はいくつかあります。
まずは女性の裸を目の当たりにしたり、エッチな動画やエッチな事を頭の中で想像するなどして視覚や触覚、イメージなどから性的刺激を受けると脳内で性的興奮に変わります。
その性的興奮は脳から脊髄神経を通じてペニスに神経信号として伝わり大きく膨張します。
男性によくあることは、街中や電車の中などでセクシーな服装やスカートの丈が短い女性を見て勃起してしまうことがあります。

また通常の尿意で勃起する事はありませんが、膀胱から溢れんばかりの大量のおしっこが溜まっているとペニスが膨張してしまう原因になることがあります。
大量過ぎるおしっこが膀胱を膨らませて近くにある前立腺を刺激して、さらにその下にある筋肉を刺激して収縮させてしまうからです。
おしっこを限界まで我慢したことのある男性は経験したことがあるかもしれませんが、よっぽど我慢をしないとここまではならないので、わからない方もいるでしょう。
陰茎が勃起するには様々な原因がありますが、ペニスにある海綿体というスポンジ状の組織細胞に血液が充満することによって、パンパンに膨れることによって固くなり勃起という現象が起きているのです。

男性なら誰もが経験したことがある生理現象の朝立ちは、レム睡眠が原因で起きています。
レム睡眠は、体は眠っているが脳が覚醒に近い状態にある睡眠です。
この状態の時は夢を見ていることが多いです。
脳が活動してることによる刺激が様々な神経に伝わり、勃起につながっています。

この朝立ちはペニスの健康状態を維持するために、無意識のうちに起こっています。
勃起しない状態が続くと、勃起に必要な毛細血管や海綿体組織が衰退してしまう可能性が高くなります。
最悪の場合ペニスが壊死してしまうこともあります。
若いうちはこのように様々な刺激や生理現象などによって勃起することが多いのですが、加齢とともに勃起しにくい体になっていきます。

加齢になると徐々に下半身は萎えてくる

勃起は性的興奮を脳が感じ取ると、その情報を中枢神経を使って陰茎に伝えられます。
その情報から陰茎内に有る海綿体の毛細血管に血液が一時的に増量されることで起きる生理現象で、この現象で陰茎は巨大化して硬くなっていきます。
これは性行為をして妊娠するため、なるべく子宮近くで射精して受精の確率を高めるために備わっている体の機能であります。
それと共に男性と女性に性行為から来る快感を生じるために必要ともなっています。
しかしこの勃起する能力は加齢で減退していくのですが、それはどうしてでしょうか。

加齢によって起きる肉体の変化は体力の低下と筋肉の衰えで有り、勃起をするには血流量の増加が必須要件です。
しかし筋肉が衰えて来ると血液を流すために重要になる血管の筋肉も弱くなっていくため、血行不良を引き起こしてしまうので勃起する能力が低下してしまうのは仕方有りません。
そしてこの血行不良は加齢だけでなく生活習慣や食生活の乱れから来る健康状態の悪化も原因となります。
最近はそれほど年を取っていない人でも勃起不全となってしまうケースが多いのは、この生活習慣や食生活の乱れから来ています。

男性は年齢を重ねると膀胱で尿を溜めて置ける総量が少なくなるので頻尿になってしまいます。
これは男性の尿管を閉めて置く筋肉の働きが弱まっているため、陰茎で尿を止めて置くことが出来なくなるのも原因になっています。

そして男性は女性と違って尿と精子を同じ尿管を使って行っています。
尿管の筋肉が衰えれば精子が陰茎に流れ込んで来ても止められないので、そのまま垂れ流してしまい早漏の現象も引き起こしているのです。
陰茎の筋肉は衰えると鍛えにくい筋肉なので、そうならないようにするためにも日頃から自分の健康状態には気を付け、なるべく体を動かすようにして筋力の低下を防いでいかなければいけません。

関連記事