ED治療薬には様々な種類がありますが、その中には成分が同一なのに名前だけが違うものがあります。それはジェネリック医薬品と呼ばれるもので、特許の関係などで名前が違うだけで成分が同じで価格が安いのが特徴です。バイアグラとカマグラは同一の成分が含まれているので、どちらを選んでもほぼ同じ効果を体感できます。

  • ホーム
  • 不感症を治したいならラブグラを試して

不感症を治したいならラブグラを試して

性行為を楽しみたくても十分な快感が得られずに、ストレスばかりが溜まってしまう時には、自身が不感症になっている可能性を疑う必要があります。
パートナーとの相性が悪いと考えてしまうと、相手との仲も悪化してしまう可能性があるので、対処法としてラブグラを試しに服用する女性も増えてきました。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルを配合しているために、女性向けバイアグラとも評価されており、膣内や陰唇への血液の流れを増加する効果を持っています。
陰部への血流不足が原因で不感症に悩まされている女性も多いので、少し血流が改善されるだけでも、膣内が濡れるようになったという女性も珍しくありません。

不感症になると膣乾燥に悩まされる事になり、性行為を楽しもうとしても痛みばかりが気になって、ストレスを溜め込む事になってしまいます。
その悩みを解決するために開発されたラブグラを服用すると、20分ほどで効果を実感できるようになり、陰部だけでなく全身の感度が向上している事が実感できると好評です。
普段は性感帯として機能しにくい、背中や腕に触れられるだけで感じるようになったと喜んでいる人も多く、頼りになる女性向けの媚薬として評価されています。

ラブグラはネット通販でも購入する事ができるので、性的な悩みを解決してくれる医薬品を販売しているドラッグストアが、近所に無いという人でも問題ありません。
ほてりや頭痛や動悸といった副作用も報告されているので、初めてラブグラを服用する際には、ピルカッターで錠剤を小さくしながら服用する事を推奨します。
効果時間の長さでも期待されている医薬品で、どの時間帯に性行為を楽しむ事になるか分からない時でも服用しやすいです。

主成分のシルデナフィルは腸を通過した際に吸収されるので、空腹時に服用した方が効果を実感しやすくなります。
アルコールなどの影響で効果が薄まってしまう場合もあるので、ラブグラを服用する際にはアルコールの摂取量を減らしてください。

ラブグラの効果時間と副作用について

愛する人との性行為は大切なコミュニケーションの一つでもあり、男性に限らず女性も愛する人との性行為を楽しみたいと願うはずです。
けれど愛しているはずの人との性行為を楽しむことが出来ないという女性は世界中で少なくなく、近年は女性向けの不感症治療薬の開発が注目を集めています。
ラブグラは正にそうした治療薬の一つで、バイアグラにも使用されている有効成分シルデナフィルが含まれています。

性行為の際膣乾燥が気になり、快感を得るどころか痛みや苦痛しか感じないという女性でも、ラブグラを使用することで膣内や陰唇の血流が増加します。
そのため、性的刺激を受けると快感を得ることが出来ますし、膣内も十分に濡れるはずです。
愛する人との性行為で感じることが出来たらそれはまたとない喜びとなることでしょう。
そこで気になるのがラブグラの効果時間と副作用です。

せっかく不感症治療薬として効果が期待出来そうな薬でも、あまりにも効果時間が短かったり副作用が強いものであれば、服用するのをためらわざるを得ません。
まずはラブグラの効果時間はおよそ4時間から6時間程度と言われています。
すぐに効果が消えてしまうと言うことは無く、一定時間は効果が持続するので性行為を行う時間がはっきりしない場合でも安心です。
翌日まで興奮状態がおさまらないということもありません。

副作用に関しては頭痛やめまい、動悸や息切れ、喉の渇きや鼻づまりなどが報告されています。
どんな医薬品でもそうですが、やはり副作用の無い薬は存在しませんので、ラブグラを初めて服用する際は必ず服用に関する指示を守り、規定より少な目の量から試してみると良いでしょう。
ラブグラは嬉しいことにネット通販でも購入することが出来ますので、不感症を改善したいと思う女性は試してみる価値があると言えます。

関連記事